梅雨の体調不良に注意!

◆梅雨に体調を崩す方は気象病の可能性がある

「気象病」という言葉をご存知でしょうか。

気象病とは、気温や湿度、気圧などの変化によって引き起こされる自律神経の乱れのこと。なぜ自律神経が乱れるかというと、気象の変化は体にストレスをもたらしてしまうからです。自律神経が乱れると、関節の痛みや頭痛・めまいを引き起こすと言われています。梅雨の時期には気圧が低くなることが多いため、不調を訴える人が多くなるのだそうです。

気象で体調が悪くなりやすい人におすすめの対策
◎スクワットなどの運動を行う
気圧が低いことによるに体調不良時は、体内の血流が悪くなっている可能性があります。
簡単にできる予防法として、運動をすることが挙げられます。
余計なスペースを使うことなく、自宅でもできる運動、
特に末端を含め全身の血流を活性化させられるスクワットがおすすめです。
◎体を温める

エアコンを使いはじめる時期は、体の体温が下がりやすくなります。
水分の過剰な補給はこれに輪をかけて体温を下げてしまいかねません。
関節痛をお持ちの方は、カイロなどを使って、痛みがある部分を温めると効果的です。
◎毎朝の起床時間をなるべく同じにする
現代では、室内の温度は春夏秋冬問わず同じ程度の、いわば体にやさしい環境になっています。しかし、外気温はそうではないため、寒暖差によって自律神経に影響を及ぼしやすい環境となってしまっているのです。仕事の日、休みの日問わず毎朝同じ時間に起きることは自律神経を整える第一歩と言っても過言ではありません。

◆終わりに

いかがでしたでしょうか。気象によって体調が悪くなりやすいかどうか人それぞれかと思いますが、梅雨の時期は体調を崩しやすい気象です。良い体調のまま仕事するためにも、体のケアを怠らないようにしていきましょう。