もうすぐクリスマスですね★

Merry Christmas♪

アクアスポーツの受付・掲示板はすっかりクリスマスです!!

 

 

 

 

 

今年のクリスマスイブは祝日でお休みですね。

皆さんはどのように過ごされすのでしょう??

私はチキンとケーキをいただきます!!

 

いつもより賑やかなアクアスポーツに是非ご来館くださいね。

お待ちしております☆

★Happy Halloween★

10月31日はハロウィンですね。

巷では仮装パレードなどをめぐって問題も起きているようですが

日本では独自の盛り上がりを見せているようです。

でも本来ハロウィンて何なのでしょうか??

少し起源に触れてみたいと思います。

 

ハロウィンはいつ?

ハロウインの日は10月31日~11月2日。

本場アメリカでは一ヶ月以上前からカボチャを飾ったりして、雰囲気を盛り上げると聞きました。

なぜこの日にハロウィンが行われるようになったのかは、ハロウィンの歴史に関係しています。

 

ハロウィンとは?

ハロウィン ( Halloween ) はカトリック教会の祝日のひとつで

キリスト教の「万聖節」という日の前夜に行われるお祭りのことです。

 

万聖節ってなに?

 

「万聖節」は11月1日。

「諸聖人の日」とも呼ばれ聖人と殉教者の魂を記念する日とされています。

 

ハロウィンの起源を簡単に教えて

もともとのハロウインはキリスト教ではなくヨーロッパでケルト人たちが始めた習慣です。

2000年以上昔のケルト民族の宗教に「サウィン祭 ( Samhain )」という儀式がありました。

この日は死者の霊が親族を訪れると考えられていました。

亡くなった人の魂があの世からこの世に帰ってくる日本のお盆と良く似ていますね。

これがハロウィンの起源と言われています。

後にカトリック系がケルト民族を侵略しケルト人の中にキリスト教が浸透していきます。

カトリック側はケルト人の宗教儀式を自分たちの宗教に取り込んでいきました。

前述のようにカトリックでは11月1日を万聖節・諸聖人の日と決めていました。

ケルト民族の1年の終わりサゥイン祭が行われる10月31日がちょうど前日にあたります。

ケルト人にキリスト教が根付いてきた時に一日違いのそれぞれの記念日は融合していきます。

つまりハロウィンは亡くなった人の魂を祭る行事の前夜祭的な位置づけになったということです。

ケルト人の行う儀式が形を変えてキリスト教を信仰する民族にも伝わったことで

ハロウィンはキリスト教の文化圏に広がっていったのです。

現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し祝祭本来の宗教的な意味合いは

ほとんどなくなっています。

 

ハロウインで仮装する由来は?

古代ケルト歴では1年の終わりが10月31日と定められていました。

日本で言う大晦日ですね。

その一年最後の日である10月31日の夜には先祖の霊が家族を訪ねて来ると信じられていました。

これは日本のお盆と似ていますが

日本のお盆と違う点は、その霊と一緒に悪霊や魔女も一緒について来て

災いを起こすと信じられていた点です。

悪霊は子どもたちをさらったり作物や家畜に害を与え

現世の人間たちに悪いことをすると考えられていました。

そこで人々は悪霊達を追い払うために魔除けの焚き木を焚き

魔物の仮面を被ることを思いつきました。

魔物の仮面をつけた理由は

  • 同じ悪霊だと思わせ、子どもをさらわれるのを避けるため
  • 悪霊に仲間だと思わせることで作物や家畜の被害から逃れられるため
  • この世の人間の怖い姿を見せて退散させるため

 

つまり自ら魔物の格好をすることで悪霊たちから身を守ったというわけです。

こういったことが習慣化してハロウィンに仮装をするという慣わしになったとされています。

ちっちゃな子どももお化けの格好をしているのも意味があるんですね。

夏は意外とむくみやすい?

汗をかく機会が多い夏。あまりむくむことがないように思えますが、夏の生活習慣にはむくみを招きやすい要素がたくさんあります。

【夏は代謝が落ちやすい】

<筋肉量の低下>

暑いのであまり体を動かすことがなく、筋肉量が下がりがちに。足の筋肉がポンプのように働き、心臓に血液を送るので筋肉量が減ると代謝が落ち、体内の余分な水分や老廃物を溜め込みやすくなります。

<冷え>

外は暑いのに部屋の中は涼しいを通り越して寒い時があります

よね。冷たい飲み物を飲む機会も増え、体が冷えることも代謝が悪くなる原因の一つです。

<入浴せずにシャワーのみ>


暑いので湯船に浸からず、夏はシャワーで過ごす方も多いのでは?冷房で冷えてしまった体を温めることが出来ずにそのままでいると血の巡りも悪くなります。

【夏の自律神経の乱れ】

<寒暖差>

体と心のバランスを保つ自律神経は急激な温度差に弱いと言われています。部屋の中と外との寒暖差や日中と夜の気温の変化などにより自律神経が乱れがちになるこ

とも。

<寝不足>

暑さによりよく眠れないこともリラックス状態をもたらす副交感神経にう

まく切り替えられず自律神経が乱れる原因に。

【水分や塩分の摂りすぎ】

夏の水分補給は熱中症対策のためにもとても重要ですが、ビールなどのお酒が進みついつい飲みすぎてしまうと水分過多になることも。それに加えお酒の席はしょっぱいものも多いので、塩分も余分に摂ってしまい悪循環に。

夏にむくみやすい原因は「筋肉量の低下」「自律神経の乱れ」「水分や塩分の摂りすぎ」という大きな3つの要素によるところが大きいようです。

夏のむくみ対策は「代謝を落とさないこと」が大切

それでは、夏のむくみに対策に欠かせない代謝をあげる方法をご紹介します。

【筋肉量の低下を阻止!】

足の筋肉がポンプの役割をして心臓に血液を送り代謝が上がるので、足の筋力を落とさないことが大切です。階段を使ったり簡単な筋トレを毎日取り入れましょう。ヒップの引き締めにも役立つ〈つま先立ちワイドスクワット〉がおすすめです。

<つま先立ちワイドスクワットの仕方>


①足を肩幅よりも少し大きく開き、手を腰にあてます。

②膝を90度まで曲げ、そのままかかとをあげ爪先立ちで

5秒キープする

③これを5回繰り返します。

【自律神経の乱れを阻止!】


夜はぬるめのお風呂で体を温めることで副交感神経に切り替わりリラックス効果が期待できます。下がった代謝も上がるので冷えを感じた時は入浴や上着を羽織るなどの体温調節が重要です。

【水分や塩分はカリウム豊富な食材で排出!】

カリウムが含まれる食材で塩分を体外に排出するように促しましょう。プルーンやキウイフルーツ、バナナなどお酒を飲んだ後にすぐに食べられるようにドライフルーツで持ち歩くのがおすすめです。

いかがでしたか?夏のむくみを撃退して毎日スッキリと過ごしたいですね。

七夕ですね

アクアスポーツの掲示板も七夕仕様になっています。

みなさんも短冊に願い事を是非お書きください。

ところで、七夕の由来をご存じですか??

★七夕の由来・意味★

七夕の由来には、いくつかの説がありますが、
以下の3つが合わさって今の七夕になったとうのが最も有力です。

  1. 日本古来の行事「棚機(たなばた)」
  2. 織姫と彦星の伝説
  3. 中国古来の行事「乞巧奠(きこうでん)」

1.日本古来の行事「棚機(たなばた)」

  • 概要:秋の豊作を祈願したり、人のけがれを祓ったりする行事で 7月7日の夜に行われていた日本の行事。
  • 行なっていたこと:乙女が、清らかな川のほとりの建物にこもって 神様のために着物を織っていた。 この乙女を「棚機女(たなばたつめ)」織り機を「棚機」と呼んでいた。

2.織姫と彦星の伝説

 織女星(こと座のベガ):裁縫を司る星

 牽牛星(わし座のアルタイル):農業を司る星

このように考えられていました。

この天の川を間に挟む2つの星は、
旧暦7月7日(現在の8月12日ごろ)に、最も光が強く見えることから、
中国ではこの日を特別視して七夕伝説をを生み出しました。

1年でこの日だけは織姫と彦星が巡りあうことができる日とされています。

3.中国古来の行事「乞巧奠(きこうでん)」

  • 概要:織姫の伝説にあやかって、裁縫や機織りが上手になるように7月7日に行なっていた中国の行事。
  • 行なっていたこと:裁縫の上達を願う女性たちが、庭で針に5色の糸を通し酒肴や瓜などを祭壇に供えて、裁縫・機織りの上達を祈願した。

 

★七夕の願い事について★

現在日本の七夕は、

笹に願いを書いた短冊を飾るのが一般的になっています。

実はこの風習は日本でしか行われていません。

願い事をする理由

  1. 中国の行事「乞巧奠」にて織姫にあやかって裁縫の上達を祈願した
  2. 日本に伝わり、和歌や習字などの芸事の上達を祈願して願い事を短冊に書いた
  3. 何でも願い事を書いても良いという風潮になった

竹笹の意味

竹は冬の寒さにも負けず、真っ直ぐ育つ生命力が備わっていることから、
昔から神聖な力が宿っていると信じられており、
あらゆる神事に使われていました。

また、竹には空洞あり、そこには神が宿るなんてことも。

このように、神聖視されていた竹だからこそ、
い事を飾るのに用いられてきたのです。

 

以上、七夕の由来や、願い事をする理由についてでした。

今年の7月7日は夜空を見上げてみてはいかがでしょうか??

 

梅雨の体調不良に注意!

◆梅雨に体調を崩す方は気象病の可能性がある

「気象病」という言葉をご存知でしょうか。

気象病とは、気温や湿度、気圧などの変化によって引き起こされる自律神経の乱れのこと。なぜ自律神経が乱れるかというと、気象の変化は体にストレスをもたらしてしまうからです。自律神経が乱れると、関節の痛みや頭痛・めまいを引き起こすと言われています。梅雨の時期には気圧が低くなることが多いため、不調を訴える人が多くなるのだそうです。

気象で体調が悪くなりやすい人におすすめの対策
◎スクワットなどの運動を行う
気圧が低いことによるに体調不良時は、体内の血流が悪くなっている可能性があります。
簡単にできる予防法として、運動をすることが挙げられます。
余計なスペースを使うことなく、自宅でもできる運動、
特に末端を含め全身の血流を活性化させられるスクワットがおすすめです。
◎体を温める

エアコンを使いはじめる時期は、体の体温が下がりやすくなります。
水分の過剰な補給はこれに輪をかけて体温を下げてしまいかねません。
関節痛をお持ちの方は、カイロなどを使って、痛みがある部分を温めると効果的です。
◎毎朝の起床時間をなるべく同じにする
現代では、室内の温度は春夏秋冬問わず同じ程度の、いわば体にやさしい環境になっています。しかし、外気温はそうではないため、寒暖差によって自律神経に影響を及ぼしやすい環境となってしまっているのです。仕事の日、休みの日問わず毎朝同じ時間に起きることは自律神経を整える第一歩と言っても過言ではありません。

◆終わりに

いかがでしたでしょうか。気象によって体調が悪くなりやすいかどうか人それぞれかと思いますが、梅雨の時期は体調を崩しやすい気象です。良い体調のまま仕事するためにも、体のケアを怠らないようにしていきましょう。

12月といえば・・・?

12月といえば・・・「クリスマス」ですよね!!

アクアスポーツの受付前にもクリスマスツリーが登場しましたー☆

キラキラと受付前を彩ってくれています。

kurisumasuturi-

掲示板もクリスマス一色です!

keijibann12

クリスマスまでは飾ってありますので、ぜひご来館いただき

アクアスポーツのクリスマスをお楽しみください(*^ ^*)

寒い季節になりました(> <)

11月後半になり、キンッと冷たい風が吹く季節になってきましたね。

そこでみなさんは体を温めてくれる食べ物が何か知っていますか?

定番なものはしょうがやとうがらしですよね!

実はゴボウやレンコンなどの根菜類や、きのこなど

寒くなる季節が旬なものは体を温めてくれるのです☆

逆に暖かい季節で旬なトマトやナスなどは体を冷やしてしまうので要注意!!

体を温めてくれる食材で体の芯から温まり

健康な体作りをしていきましょう(*^ ^*)

NEWS AQUAブログ版登場☆

11月よりホームページにもブログ形式で

NEWS AQUAが更新されることになりました!

新たな情報をいち早く、役立つ情報を気軽に

読んでいただけるようにしていきたいと思います。

定期的に更新いたしますので

是非たまにホームページを開いてみて下さいね☆