小規模多機能

小規模多機能型居宅介護施設とは・・・

平成18年4月の介護保険制度改正により創設された、地域密着型サービスのひとつです。
介護が必要になった高齢者が、今までの人間関係や生活環境をできるだけ維持できるよう、「通い」を中心に「泊まり」「訪問」の3つのサービス形態が一体となり、24時間サービス提供できるのが、大きな特徴です。

「思い」や「願い」を大切にします

誰もが年をとっても介護が必要になっても、住み慣れた自宅や地域の中で家族や親しい人たちとともに、最期までその人らしい人生を送りたいと望んでいます。
小規模多機能型居宅介護は、そうした在宅での生活を送り続けたいという高齢者や家族の願いに応えます。

自宅に24時間・365日の安心を届けます

「通い」を中心に、ご本人の様態や希望に応じて、「宿泊」「訪問」といったサービスを組み合せて、「自宅で継続して生活するために」必要な支援をしていきます。

「困った!」にお応えします

一人ひとりの暮らしが異なるように、支援の内容も異なります。
いろんな困ったに対して小規模多機能型居宅介護では、「通い」「宿泊」「訪問」を使って柔軟に支援します。

小規模多機能小規模多機能

小規模多機能